ふれあいらんど岩泉の遊具情報。岩手県沿岸部で1番の規模の公園!?

スポンサーリンク
おでかけ

子どもの遊び場だけでなくキャンプ施設も備わっている”ふれあいらんど岩泉”。

子どもと一緒にふれあいらんど岩泉へ遊びに行ってきたので、どんな遊具があるのか?どんな場所なのか?など、ご紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ!
・岩泉町や近隣市町村にお住まいの方や遊びに行く予定がある方
・ふれあいらんど岩泉の情報をお探しの方など
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふれあいらんど岩泉について

ふれあいらんど岩泉の看板

ふれあいらんど岩泉は日本三大鍾乳洞”龍泉洞”のある町にあり、道の駅いわいずみのすぐ近くに位置する公園です。

公園というと子どもが遊ぶ場所といったイメージが強いですが、ふれあいらんど岩泉は自然が豊かな立地の中にキャンプ場やコテージなどもあり、その一角に子ども向けの遊具がある広場があります。

ふれあいらんど岩泉の園内
園内は芝や綺麗に舗装されており、小さい子どもも歩きやすく、ベビーカーでのお散歩にも向いているかと思います。

ベンチがたくさんあったのも嬉しかったです。
上記画像右側に少し写っている牛さんもベンチで、子どもが気に入っていました。

広い土地を活かし、人口ゲレンデをソリで滑ることができたりとあまり普通の公園では見かけない遊具が多くあります。

園内は木々が多く、お散歩するのにも最適な場所で秋には紅葉も楽しめそうでした。

スポンサーリンク

ふれあいらんど岩泉の遊具

ふれあいらんど岩泉の遊具
人口ゲレンデの上からは園内を一望することができます。

山々に囲まれていて自然をすぐ近くに感じることができ、7月末に遊びに行った際にはトンボがたくさん飛んでいました。

人口ゲレンデはソリの貸し出しがあり無料で滑ることができますが、3歳以下のお子さんは保護者と一緒に滑るようにと注意書きがされていましたので気を付けて遊びましょう。

ふれあいらんど岩泉の遊具
名前がわからなかったのですが、ロープにつかまって移動する遊具。

人口ゲレンデといい、広さを活かしたものや身体を使った遊具が一般的な公園よりも多い印象を受けました。

ふれあいらんど岩泉の遊具
この遊具も初めて見ました。

どうやらカゴに座って回転する遊具のようで、回転するタイプのブランコみたいですね。
遊園地にあるメリーゴーランドにも少し近いでしょうか。

ふれあいらんど岩泉の遊具
一般的なブランコもありました。真ん中にあるブルートレイン日本海がおしゃれ。

ふれあいらんど岩泉の遊具

ふれあいらんど岩泉の遊具
カラフルで可愛らしい滑り台が2つ。

我が家の滑り台大好きな2歳児もはしゃいでいました。
どちらも高さがないので小さな子どもでも遊ばせやすいのが嬉しかったです。

ふれあいらんど岩泉公式HPでは園内の様子を写真や動画で分かりやすいものを掲載しているので、興味がある方ははこちらからご覧になってみてくださいね。

実際に使用されていた”ブルートレイン日本海”に宿泊することもできる

ふれあいらんど岩泉にあるブルートレイン日本海
駐車場から階段を上がると、ひと際目立つ電車が目に入ります。

この電車は”ブルートレイン日本海”といって、かつて大阪~青森間を実際に走行していた寝台特急です。

この寝台特急、ただ保管されているだけかと思いきや、現在はふれあいらんど岩泉内で宿泊施設として利用されているということで驚きました。

寝台特急に宿泊するという、非日常的な空間を味わえることからも人気の宿泊施設のようです。

ブルートレイン日本海への宿泊に関してはふれあいらんど岩泉の公式HPをご確認ください。

ふれあいらんど岩泉の詳細情報

住所〒027-0502 岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂大向48
駐車場大型駐車場あり

すぐ近くにある道の駅いわいずみについての詳しい記事はこちらから↓

しずく
この記事を書いた人

九州出身で結婚と同時に岩手へと嫁いできた20代後半の主婦。普段は2歳の男の子を子育てしつつWebライターしたりしています。育児ブログも運営中。子どもがいる主婦目線での岩手の魅力を発信していきます!プロフィールやサイト紹介はこちら

\Follow me/
ブログランキング参加中!画像クリックで応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おでかけ
\気に入ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イーハトーブの風

\ブログランキング参加中/

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました