岩手県で人気お土産といえば?地元民にも人気のおすすめのお土産まとめ

スポンサーリンク
岩手情報

岩手県のお土産といえば海産物を思い浮かべる方も多いかと思いますが、海産物はもちろん酪農も盛んな岩手では乳製品や老舗銘菓などがあります。

地元民が本当におすすめできる岩手のお土産をご紹介していきますので、旅行や出張などで岩手を訪れる際の参考にしてください!

この記事はこんな人におすすめ!

・旅行などで岩手を訪れる予定がある方
・岩手のお土産品も探している方など

スポンサーリンク
スポンサーリンク

釜石市|海宝漬 中村家”三陸海宝漬”

岩手の特産品といえばやはり海産物は外せませんが、その中でも釜石市の海宝漬は一押しです。

少しお値段が張ってしまいますが、お値段以上のお味に大切な方への贈り物や自分へのご褒美に購入される方もいらっしゃいます。

三陸の海の幸の美味しさが贅沢に堪能することができ、まさに”海宝”。

海宝漬けにもいろいろな種類のものがあり、公式オンラインショップもありますので気になる方は公式HPをチェックしてみてくださいね。

取扱店直営店(釜石市)、カワトク(盛岡市)、さくら野百貨店(北上市)、県内土産店ほか
商品三陸海宝漬:税込4,000円
公式HP海宝漬 中村屋
スポンサーリンク

奥州市|フルールきくや”奥州ポテト”

テレビ番組や雑誌、新聞などで紹介された影響で県内外からも一躍有名になった、奥州市フルールきくやさんの奥州ポテト。

鳴門金時を使用しておりくちどけがなめらかな舌触りのスイートポテトの中にはとろっとしたカスタードクリームが入った、ころんとしたサイズも可愛らしいお菓子。

ひとつずつ個包装されているので、食べやすくお土産にも向いている商品です。

取扱店奥州市、一関市、盛岡市などの各直営店舗ほか
商品奥州ポテト:5個入り税込850円、10個入り税込1,670円、15個入り税込2,460円など
公式HPお菓子のフルールきくや
スポンサーリンク

雫石町|小岩井農場まきば園”ナチュラルチーズ”

全国的に飲料やヨーグルトなどの乳製品で全国的に知名度のある小岩井ですが、雫石町ある小岩井農場まきば園でしか買えない商品がたくさんあります。

その中から今回ご紹介するのが、限定商品のナチュラルチーズ。
ハロウミチーズ、カチョカバロ、熟成ゴーダチーズの3種類が販売されています。

手作り品のため数量限定、小岩井農場まきば園限定販売となっているので行かれる際にはぜひチェックしてみてくださいね。

取扱店小岩井農場まきば園
商品ハロウミチーズ100g620円、カチョカバロ100g620円、熟成ゴーダチーズ100g830円
公式HP小岩井農場まきば園

小岩井農場まきば園では限定の美味しいお菓子もいっぱい!

小岩井農場まきば園では上記で紹介したチーズの他にお菓子類も多く販売されています。

こちらは”純良発酵バターケーキ”といって、小岩井農場で作られる小麦・たまご・小岩井農場伝統の発酵バターを使用して作られておりバター好きにはたまらないケーキ。

ナチュラルチーズ同様、小岩井農場まきば園のみでの限定販売となりますので、小岩井農場へ遊びに行かれる際には探してみてくださいね。

取扱店小岩井農場まきば園
商品純良発行バターケーキ:1,868円
公式HP小岩井農場まきば園
スポンサーリンク

盛岡市|ぴょんぴょん舎”盛岡冷麺”

盛岡三大麺のひとつとしても知られる”盛岡冷麺”。

その盛岡冷麺の名を市内で一番最初に使用したのが今回ご紹介するぴょんぴょん舎の創業者ということもあってか、盛岡冷麺=ぴょんぴょん舎のような感覚の県民も多いかと思います。

ぴょんぴょん舎の味を知らないという方でも自宅で手軽に盛岡冷麺の味を食べることができるので、お土産におすすめです。

取扱店盛岡駅フェザンおでんせ館、直営店、県内土産店ほか
商品盛岡冷麺2食セット:税込702円
公式HPぴょんぴょん舎
スポンサーリンク

一関市|松栄堂”ごま摺り団子”

昭和36年に一関市に創業した松栄堂の人気商品である”ごま摺り団子”。

実は漫画ジョジョの奇妙な冒険シリーズの「ジョジョリオン」に登場した”ごま蜜団子”と呼ばれるお菓子のモデルにもなっており、過去にはコラボ商品の販売もされました。

歯切れのよいお団子の中からとろっとしたごまの蜜があふれ出し、噛んだ瞬間ごまの香りや風味が口の中に広がっていき、あまり他に見ない独特な和菓子で県民からも人気の高い商品です。

取扱店一関市直営店、平泉町中尊寺参道内、盛岡駅フェザン内、県内各土産販売店ほか
商品ごま摺り団子:8個入り税込600円、16個入り税込1,100円
公式HP松栄堂
スポンサーリンク

宮古市|田中菓子舗”田老かりんとう”

宮古市田老地区にある、大正18年創業の田中菓子舗の”田老かりんとう”。

1933年の昭和三陸地震・2011年の東日本大震災で2度も津波の壊滅的被害を受けましたがその度に復活し、地元の人に変わらない味を届けてくれています。

一風変わった渦巻き型のかりんとうは、三陸みやこの塩を生地に練りこんでおり、一般的なかりんとうよりも甘さ控えめで素朴な味。

一度食べたら止まらない、忘れられないこの味に、地元の人だけでなく遠方からお取り寄せする人もいらっしゃるようです。

取扱店宮古市田老の直営店、県内各土産販売店ほか
商品田老かりんとう:1袋6枚入り420円
公式HP公式HPなし。宮古市観光協会
スポンサーリンク

大船渡市|さいとう製菓”かもめの玉子”

岩手銘菓といえば大船渡市のさいとう製菓”かもめの玉子”を忘れてはいけません。

しっとりほくほくとした黄身餡を包んでいるのはカステラ生地とホワイトチョコレート。

食べたことがなくても名前は知っているという方が多いのではないでしょうか。

写真は通常サイズですが、お土産にも最適なのはサイズ違いの”かもめの玉子ミニ”。
食べやすいサイズでお土産で1つずつ配ることにも適しています。

取扱店釜石市総本店含む県内各直営店、県内各土産店ほか
商品かもめの玉子:4個入り税込540円、9個入り税込1,215円ほか
公式HPさいとう製菓
しずく
この記事を書いた人

九州出身で結婚と同時に岩手へと嫁いできた20代後半の主婦。普段は2歳の男の子を子育てしつつWebライターしたりしています。育児ブログも運営中。子どもがいる主婦目線での岩手の魅力を発信していきます!プロフィールやサイト紹介はこちら

\Follow me/
ブログランキング参加中!画像クリックで応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
岩手情報
\気に入ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イーハトーブの風

\ブログランキング参加中/

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました