【月曜から夜更かし】岩手の人は美味しいときにくるみの味がするという!?

スポンサーリンク
岩手情報

地域によって大きく異なる方言ですが、九州から越してきた私からしたら「今なんて言ったの?」ということがよくあります。
2019年6月3日放送の月曜から夜更かしでも取り上げられる「美味しいときにくるみの味がする」。私が一番衝撃を受けた方言でもありますが、これは一体どういうことなのかまとめていきます。

この記事はこんな人におすすめ!

・美味しいときにくるみの味がするってどういうこと?と思っている方 など

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美味しいときにくるみの味がするってどういうこと?

くるみ餅

お正月に食べるくるみ餅

岩手県の沿岸地域で用いられている方言で、主にご年配の方を中心に使用されており当たり前のように美味しいものを食べたときに「くるみの味がする」と言います。

岩手県ではくるみの生産量が多く、お正月のお餅を食べるときにもくるみだれに絡めて食べたりと何かとくるみとつながっているからなのかとも思い調べましたが、方言のルーツなどは特定できませんでした。

実際にどんなときにくるみの味がするのか?

私が実際に耳にしたことがある「くるみ味」は、いろんな食べ物があり、例えばさんま。三陸を代表する秋の魚です。水揚げ量国内2位のうに。どんこ(エゾイソアイナメ)の肝。これらを食べても「くるみの味がする」そうです。

スポンサーリンク

「くるみ味がする」に対して地元の方々の反応

月曜から夜更かしで岩手県の方言「くるみの味がする」が取り上げられるということで、地元の方々の反応をTwitterから集めてみました。

引用:Twitter

まとめ

さんまを食べながら「くるみ味がする」はやっぱり面白いですよね。この方言にどんなルーツがあるのかは謎のままですがくるみがとっても美味しいから、美味しいものはくるみ味ということなのかな?と推測してみました。何か詳しい情報を知っている方はぜひコメント下さると嬉しいです。

しずく
この記事を書いた人

九州出身で結婚と同時に岩手へと嫁いできた20代後半の主婦。普段は2歳の男の子を子育てしつつWebライターしたりしています。育児ブログも運営中。子どもがいる主婦目線での岩手の魅力を発信していきます!プロフィールやサイト紹介はこちら

\Follow me/
ブログランキング参加中!画像クリックで応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
岩手情報
\気に入ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イーハトーブの風

\ブログランキング参加中/

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました