宮古水産高校開発の新商品さばの缶詰「椎茸味」を実際に食べてみた感想

スポンサーリンク
グルメ

岩手の缶詰といえば、お洒落なサバの缶詰「Ça va(サヴァ)缶」を製造、販売していることで最近話題になりましたが、今回は宮古水産高校が新たに開発した「サバ椎茸味付缶詰」をご紹介していきます。

宮古水産高校といえば、これまで様々な水産加工食品を開発していますが、今回は一体どんな商品になっているのでしょうか?

この記事はこんな人におすすめ!

・宮古水産高校開発のサバ椎茸味付が気になっていた方

・販売店舗が知りたい方など

↓Ça va(サヴァ)缶についての詳細はこちら↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宮古水産高校開発のサバ缶”サバ椎茸味付”について

宮古水産高校 サバ椎茸味付け

宮古水産高校といえば鮭の中骨缶詰やサンマ缶詰、海プリンなどを開発・製造・販売していることで市民に有名です。

そんな宮古水産高校の生徒と、県立大学生、宮古農林振興センターの方達が共同開発した新作缶詰「サバ椎茸味付缶詰」が2019年7月から販売されたと聞いて、早速購入してきました。

サバ椎茸味付缶詰の値段や原材料の情報

サバ椎茸味付け 栄養成分表

【値段】
1缶:250円
【内容量】
固形量:135g、内容総量:210g
【原材料名】

さば(宮古産)/ 乾椎茸(宮古産)/ 醤油(大豆、小麦を含む) / 砂糖

原材料のシンプルさに驚きました。

後述しますが、この材料であんな奥深い味わいになるのに驚きです。

味付けは醤油と砂糖だけなので塩分が気になる方でも食べやすくなっていますね!

スポンサーリンク

サバ椎茸味付缶詰を食べてみた。

サバ椎茸味付け 開封
缶詰を開けると、まずはごろっと大きく美味しそうなサバの身が目にはいります。

そして、ビックリしたのが椎茸の大きさです。

出汁のために小さくカットされた切れ端のような物がいくつか入っているんだろうなぁと思っていたので、ゴロゴロと大き目にカットされた椎茸には驚かされました。

サバ椎茸味付け 食べてみた感想

レンジで軽く温めて・・・
今回はシンプルに大根おろしと小ネギを散らしていただきます。
(※レンジで加熱の際はラップ必須です。サバの身がはじけ飛びます。)

サバ椎茸味付け 試食

まずはサバの身をひとくち。

これは・・・!!

まず、サバの味ですが嫌な臭みや生臭さは一切ありません。
そのうえで、しっかりとしたサバの味を感じることが出来ます。
さらに、サバの味が引いていくと椎茸の強烈な旨味が後に残り、もうひとくちと箸をのばしてしまいます。

お次は椎茸をいただいてみます・・・

口に入れて噛んだ瞬間に「美味しい!」と口にしてしまうほどに素晴らしい味わい。

缶詰とは思えない程にプリっとした食感と力強い椎茸の風味が、めいっぱいしみ込んだサバの出汁とマッチしてとても美味しいです。

一番衝撃を受けた食材

「サバ椎茸味付け缶詰」の中で一番衝撃を受けた食材、それは・・・

椎茸の軸です!!

軸ならではのしっかりとした歯ごたえはもとより、噛めば噛むほど溢れ出る強烈な椎茸の味が口いっぱいに広がって幸せな気分になりました。

大根おろしとサバを一緒に食べるとサバの風味に隠れ気味だった椎茸の味と旨味を一緒に感じることが出来てかなりオススメ!

とっても美味しくてあっという間に完食してしまいました。

さすがは宮古水産高校さん、美味しい缶詰を作るために努力されたのが伝わりますね。

今回はそのままいただきましたが、ショウガなどと一緒に炊き込みご飯にしても絶対に美味しいはずなのでいつか試してみたいと思います!

スポンサーリンク

サバ椎茸味付け缶詰の販売情報

今回ご紹介したサバ椎茸味付け缶詰が買える店舗のご紹介です。
気になったら下記の店舗で購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

らら・いわて

住所〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1丁目3ー6
営業時間10:00~18:30
定休日不定休
駐車場なし。近隣の有料駐車場を利用しましょう

さんてつや

住所〒027-0076 岩手県宮古市栄町1丁目4
営業時間8:30~18:30
駐車場なし。近隣の有料駐車場を利用しましょう

↓さんてつやの詳しい情報はこちら↓

道の駅 やまびこ館

住所〒028-2513 岩手県宮古市8-2
営業時間8:30~18:30
駐車場施設内駐車場有

道の駅 やまだ

住所〒028-1371 岩手県下閉伊郡山田町船越第6地割141
営業時間9:00~18:00
駐車場施設内駐車場有

↓道の駅 やまだの詳しい情報はこちら↓

いわて銀河プラザ(東京)

住所〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目15-1 南海東京ビル
営業時間10:30~19:00
定休日不定休
駐車場なし。近隣の有料駐車場を利用しましょう

 

↓宮古水産高校が開発協力した海プリンの記事はこちら↓

 

しずく
この記事を書いた人

九州出身で結婚と同時に岩手へと嫁いできた20代後半の主婦。普段は2歳の男の子を子育てしつつWebライターしたりしています。育児ブログも運営中。子どもがいる主婦目線での岩手の魅力を発信していきます!プロフィールやサイト紹介はこちら

\Follow me/
ブログランキング参加中!画像クリックで応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
\気に入ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イーハトーブの風

\ブログランキング参加中/

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました